2014年10月16日木曜日

メッセージ性のあるテイラー・スウィフトのMV


Taylor Swift - Shake It Off
ディレクター:マーク・ロマネク

テイラー・スウィフトがマーク・ロマネクに直談判して共に作り上げたミュージックビデオ。 様々な格好をしてその役になりきり、踊りまくります。周りにはプロのダンサーを登場させることで、ダンス素人のテイラー・スウィフトが滑稽に見えるような演出。

必死に踊れば踊るほどコミカルに見えてしまう中で、そんなことは気にしないで踊りまくっています。ここには、「他人に何を言われようがどう見られようがそんなことは気にせず自分のやりたいことをやるだけ」というテイラーのメッセージが込められています。テイラー自身も誹謗中傷を受けてきた人物ですから、この「Shake It Off(気にしないで)」という曲は自分自身への讃歌でもあるのだと思います。


<<スポンサーリンク>>